深泥池水生動物研究会とは?

設立されたいきさつ

1994-1996年に京都市が行なった学術調査によって,オオクチバスやブルーギ ルなどの外来魚が池の生態系に重大な影響を与えている可能性が高いことがわ かったので,それら外来魚の調査・捕獲を目的として市民や研究者らによっ て,1998年の春に深泥池水生動物研究会として設立されました.その後,外来 水生植物やマコモ・ヨシなどの調査や除去の必要性が高まったことから植生管 理の活動も行なうことになり,2000年に立ち上げた深泥池水生植物研究会と併 せて2001年からは深泥池水生生物研究会と改称しました.

世話人

竹門康弘

活動内容

(1) 外来魚の調査・捕獲事業、 (2)外来植物や繁茂しすぎたヨシやマコモの除去,(3) 底生動物調査、 (4) 水質調査、などを市民自らが行ってます。

会員になるには

会員にはだれでもなれます。会費は無料です。