ホームホーム お知らせ

2000年4月7日

打ち合わせ会で決まったこと

連絡係
高井利憲

先日の打ち合せ会では、まず大阪府大を卒業された森川さんが、 本研究会の活動で得られたサンプルによるブルーギルの胃の内 容物に関する研究について発表し、あとは、2000年度の活動 方針などについて話し合いました。出席できなかった琵琶湖博 物館の桑村さんのご意見により、今年度の大きな方針としては、 外来魚の中でも特にオオクチバスについて重点的に捕獲事業を 行っていくことに決まりました。理由としては、

  1. 外来魚のすべてを対象に捕獲減少させると、その結果 深泥池に起こる変化を解釈する際に、どの魚種が減った影響 なのか判断しにくくなる。
  2. オオクチバスについては、成体の個体数が少ない上、 産卵する場所も限られているので、深泥池から個体群の多く を除去できる可能性がある。
などが挙げられました。

いっぽう、今年度の保全活用事業の内容や予算配分を決める 京都市の深泥池保全活用委員会の日程が延期されたため、 今年度の研究会の活動方針は次回の打ち合せ会(4月30日(日))で 改めて話し合うことになりました。えり網による調査については、 5月中の設置が提案されています。

ただし、オオクチバスの繁殖活動は待ってくれないので、 今月の研究会活動をとりあえず下記のように決め、京都市の 了解を得ることになりました。

	4月 9日(日) 10:00〜14:00
		オオクチバス産卵床の確認と卵の採取
		定点きめなど
	4月15日(土) 10:00〜12:00
		投網による外来魚の調査
	4月16日(日) 10:00〜12:00
		オオクチバス産卵床の確認と卵の採取
	4月22日(土) 10:00〜12:00
		投網による外来魚の調査
	4月23日(日) 10:00〜12:00
		オオクチバス産卵床の確認と卵の採取
	4月29日(土) 10:00〜12:00
		投網による外来魚の調査
	4月30日(日) 14:00〜17:00
		打ち合せ会

追記。その後、竹門康弘さんが,京都市と交渉した結果、 深泥池水生動物研究会による外来魚調査捕獲事業が、予算配分 に先行して正式に認められました。したがって、9日からの 活動は問題なく公にできます。皆様には、お誘い合わせの上 上記,事業にご参加くださいますようお願いいたします。