ホーム お知らせ

20124月の深泥池水生生物研究会からのお知らせ

連絡係 辻本 典顯

137回打ち合わせ会報告

開催日時:41日(日)14:0017:00
出席者:竹門康弘、田末利治、伊藤昭雄、成田研一、小林直正、宮本水文、大畑吉弘、
安部倉完、藤井太基、辻本典顯(順不同・敬称略)(10名)

 


1.今年度の活動計画(竹門)
 水生生物研究会として活動するにあたり、毎年この時期には文化庁宛に提出する現状変更申請書を提出していますが、打ち合わせ会では竹門先生が作成された今年度版の内容を確認しました(添付資料1)。これまでの内容から大きく改変した箇所はありませんが、枝払い後の動植物相および光環境のモニタリングなどが新たに加えられました。

 

 

2.深泥池南岸の光環境について(竹門)
 南側水路付近における光環境を辻野さんに解析していただきました。2007年の3月と20123月に全天空写真を撮影し平均開空度を算出した結果を添付資料2に示しました。観測地点のうち、E,Fにはガガブタが、Jにはヒメコウホネが生育しており、いずれも今年枝払いを実施したところです。以上の3地点では5年前よりも光環境が明るくなっているという結果となり、枝払いの効果が出ているようです。今後は光環境の変化に伴い動植物にも変化があるのかどうかを調べる必要があります。

 

 

3.連絡事項
・外来魚駆除作業
 今年度の外来魚駆除作業を415日から開始します。作業日は例年通り木曜日と日曜日、時間は9時から12時です。みなさまふるってご参加ください。


HP管理
 深泥池水生生物研究会のHPは長らく更新されていませんでしたが、今年度から加藤義和さんに更新していただくことになりました。

  

 

添付資料12012年度研究計画書

添付資料2深泥池南岸の光環境について

 

 

 

ホーム | 新しいところ | 会について | 深泥池について | おしらせ | リンク集 | 全体図