ホーム お知らせ

20127月の深泥池水生生物研究会からのお知らせ

連絡係 辻本 典顯

140回打ち合わせ会報告

開催日時:721日(日)14:0017:00
出席者:竹門康弘、田末利治、小林直正、辻本典顯(順不同・敬称略)(4名)

 

1.外来魚関連
・7月の外来魚駆除成果(田末・小林)
 前月に引き続き、7月も外来魚の捕獲数が例年に比べて少ない状態が続いているとの報告がありました。ただし、オオクチバスとブルーギルの産卵床がそれぞれ数個から5個程度確認されており、両種ともに稚魚が1日あたり数十匹単位で捕獲されました。7月に入ってからも稚魚が捕獲されているため、今年は稚魚が群れで活動する時期の捕獲に失敗したものと思われます。またブルーギルでは、3歳以上の大型の個体も10頭程度捕獲され、魚影も見られますので今後注意が必要です。前期の全捕獲記録を安部倉さんに送付して集計をしていただくことにしました。
 なお、下半期の駆除作業開始については次回の打ち合わせ会(9月2日)で決定いたします。みなさまふるってご参加ください。

 

2.深泥池の水質の経年変化の論文(竹門)
 田末さんが10年間継続して測ってきた深泥池の水質の経年変化について,加藤さんがまとめた論文をまもなく投稿する予定です。論文中には深泥池には西から東、浮島の中から外への水の流れがあること、浮島の下にある冷たい水が島の南端から開水域へ出ていることなどが報告されています。その結果、水道水の流入は池に長時間にわたって影響があったことや、一時的な病院からの排水の影響が現在もときどき見られることなどが明らかになりました。

 

3.「深泥池を美しくする会」との交流会(田末)
 1111日(日)の午前中に「深泥池を美しくする会」の一斉清掃があるとの情報を得ました。地域の方たちとの交流を深めるよい機会と思われますので、水生生物研究会も清掃に参加しようということになりました。また、当日に深泥池会館を貸しきって「深泥池展」を開催する計画について了承されました。地域の方にも興味を持ってもらえるような内容の展示ができればと思います。

 

4.今後の予定
9
2日(日)打ち合わせ会 深泥池会館 14時〜17

99日(日)もんどり・エリ網設置準備

913日(木)下半期外来魚駆除作業開始

1027日(土)打ち合わせ会 深泥池会館 14時〜17
11
11日(日)深泥池展 深泥池会館 終日

 

 

 

ホーム | 新しいところ | 会について | 深泥池について | おしらせ | リンク集 | 全体図