ホーム お知らせ

201310月の深泥池水生生物研究会からのお知らせ

152回打ち合わせ会報告

連絡係 辻本 典顯

次回の打ち合わせ会予定
次回の打ち合わせ会を20131117日(日)1400から深泥池会館で行う予定です。

152回打ち合わせ会報告
開催日時:1014日(月・祝)14:0017:00
出席者:竹門康弘、田末利治、小林直正、成田研一、山田紗友美、北尾晃一、辻本典顯(順不同・敬称略)(7名)

1.9月の外来魚駆除成果報告(竹門・田末・小林・北尾)
9
月のブルーギル捕獲数は1日に数尾、オオクチバスについては1か月で数尾程度と非常に少なかったとの報告を受けました。ただし、オオクチバスの姿は成魚も含めて時折見られるので、1027日の作業終了日まで、引き続き魚の動向を注視しながら駆除活動をしていくことになりました。
 一方、フナ(ギンブナ)の稚魚については9月に入ってからも頻繁に捕獲されたことが報告されました。当年生まれの稚魚が夏を過ぎても生存していることが確認されたのは、98年の外来魚駆除作業開始以来2度目とのことでした。このように,フナの稚魚の生存率が高まったことは,オオクチバスやブルーギルの成魚数が抑制された効果の一つと考えられます。これまで翌年まで生存が確認された年はなかったことから、今年生まれの稚魚がこのまま順調に生育していくことが期待されます。
 (註:以上の駆除成果およびフナの稚魚生存の吉報については、水生生物研究会の活動に助成支援をいただいているノーバスネットのニュースマガジンに掲載する予定です。)

2.近況(田末・成田・山田)
@ 浮島外縁帯における植生の変化
深泥池では秋の花が見ごろを迎えていますが、浮島外縁帯ではサワギキョウが著しく減少しているとの報告がありました。また、現在浮島植生の再調査をされている奈良教育大学の山田さんによると、カキツバタにはシカの採食痕が目立つとのことでした。一方で、田末さんと成田さんから、ミズオトギリ、カンガレイ(ツクシカンガレイ?)およびクロホシクサ等の植物は増加傾向にあるとの報告もありました。こうした地上での観察記録については、927日に撮影された2013年度の深泥池の航空写真と併せて整理することによって、より詳細な湿原植生の変化を捉えていく必要があるとの意見がでました。
アジア航測より航空写真のオルソ化画像が納品されましたので、水生生物研究会参加者の皆さまに提供いたします。研究への使用は自由にしていただいて結構ですが、写真の掲載や成果公開にあたっては、深泥池水生生物研究会のクレジットを記載願います。なお、オルソ化画像は下記アドレスよりダウンロードできます。
https://www.dropbox.com/s/u0xou4mqffpmrnc/Mizoro20130927.tif


A オオバナノイトタヌキモが開水面全体を覆う
今年も北・南米原産の外来種オオバナノイトタヌキモが開水面全域を覆いました。昨年は在来のタヌキモのほうが優勢でしたが、今年はオオバナが9割、タヌキモが1割と優劣が逆転したことが報告されました。水生生物研究会では両種の池内での分布を詳細には記録していませんが、毎年の水域の様子を写真に残し、後に変化をたどれるようにしておく必要があるとの意見が出ました。また、現在厚く水面を覆っているオオバナノイトタヌキについては早急に除去が必要であることから、11月に除去作業を行なうことになり、作業日程を決めました(下記の今後の予定参照)。


B スズメバチに注意
林内ではスズメバチの姿が目立つようになったことが指摘されました。とくに樹液の出たアベマキやコナラの木の周囲に多いので、これらの木々の傍を通るときにはご注意ください。

3.今後の予定
@ 池南岸の池畔林の植生調査
これまでに進めてきた池南岸での池畔林伐採後モニタリングの一環として、伐採した2地点において、池の岸から歩道までの区間で植生調査を行うことになりました。また、伐採を行っていない2地点でも同様の調査を行い、結果を比較することで、伐採を行ったことによる効果を検証する予定です。調査日時は1020日(日)午前9時〜(夕方に終了予定)になりました。調査にご参加いただける方は水生生物研究会の作業小屋前(深泥池の南西角)にお集まりください。当日は池の岸沿いや斜面での作業になりますので、動きやすい服装でお越しください。おおよその参加人数の把握のため、参加される方は事前に加藤義和さんyoshikatoo1022@gmail.comまでご連絡いただければ幸いです(無事終了しました。また、助成をいただいている夏原グラントの広報の方が取材に来られました。)。


A 水質調査
11
3日(日)に毎年恒例の水質調査を行います。みなさまふるってご参加ください。詳しくは添付資料をご参照ください。


B オオバナノイトタヌキモの除去
11
7日(木)、10日(日)、14日(木)午前9時〜11時に外来種オオバナノイトタヌキモの除去作業を行います。引き上げた植物体は公園前に拡げて乾燥させ、1117日(日)の一斉清掃の際に回収してもらいます。みなさまお手伝いいただければ幸いです。なお、一斉清掃後に第153回打ち合わせ会を開催します。ふるってご参加ください。


***今後の予定***
10
19日(土) 子ども神輿 
10
20日(日) 池南岸の池畔林 植生調査 9時に作業小屋前に集合(夕方に終了予定)
10
27日(日) 外来魚駆除作業終了・網洗い 午前9時〜11
11
3日(日)  水質調査 13時〜16時 13時に作業小屋前に集合
11
7日(木)、10日(日)、14日(木) オオバナノイトタヌキモ引き上げ作業 午前9時〜11
11
17日(日) 一斉清掃(午前中)
                        
153回打ち合わせ会 14時〜17時 深泥池会館
12
22日(日) 忘年会 13時〜19時 深泥池会館(持ち寄り制です。食物・飲物をご持参ください)

 

ホーム | 新しいところ | 会について | 深泥池について | おしらせ | リンク集 | 全体図