ホーム お知らせ

20147月の深泥池水生生物研究会からのお知らせ

161回打ち合わせ会報告

連絡係 辻本 典顯

 

次回の打ち合わせ会予定

次回の第162回打ち合わせ会を201496日(土)14:00から深泥池会館で行う予定です。

いつもと曜日が異なるのでご注意ください。なお、8月には打ち合わせ会はありません。

 

開催日時:76日(日)15:0017:00

出席者:竹門康弘、小林直正、成田研一、宮本水文、木村満、加藤義和、古川沙央里、北尾晃一、

辻本典顯(順不同・敬称略)(9名)

 

1.6月の外来魚駆除成果報告(小林)

 612日から76日までに計8回の作業を実施しました。この間、オオクチバスは30cm以下の個体が1尾、稚魚が65尾捕獲されました。前者については上あごに傷があるように見え、密放流の可能性があります。

 ブルーギルは、2歳魚以上が8尾、昨年生まれの1歳魚が15尾、稚魚が97尾捕獲されました。また、例年はゴールデンウィークの頃からブルーギルの繁殖行動が目立つようになりますが、今年は6月に入ってから産卵床がみつかり(数は記録なし)、卵も確認されました。7月もひきつづき注意が必要です(竹門談:716日昼頃に学生アパート前で産卵床を守っている大形♂1尾中型の♂2尾を観察しました.大形個体は18cmくらいあり密放流の可能性があります)。

 その他、フナ(ギンブナ)の幼魚(5cm程度)、稚魚(23cm程度)が合わせて120尾捕獲されました。

 一方、6月中旬に、捕獲したアカミミガメを入れている生簀とかご型のもんどりが陸に上げられていたとの報告がありました。中に入っていたアカミミガメはすべていなくなっていたとのことです。今後は、生簀を少し沖に置き、捕獲後はできるだけ早く防災研の冷凍庫に移動するなどの対策をとることになりました。

 なお、前期の外来魚駆除作業は727日(日)までになりました。この日にはエリ網の括りつけともんどりの掃除をしますので、みなさまふるってご参加ください。また、後期の作業開始日については決まり次第ご案内いたします。

 

2.ジュンサイの間引き(竹門)

 深泥池における今年度の現状変更申請では、6つの調査計画を申請しました。そのうち4)開水域のジュンサイ群落の管理手法に関する研究以外5項目については、京都市から実施許可が下りたため、76日から調査活動を開始することになりました。ジュンサイについてはまだ文化庁と協議が必要とのことから、今年は刈り取り実験を先送りすることにしました。したがって、例年通り外来魚捕獲の妨げになる投網場やエリ網の設置場所の刈り取りにとどめることになりました。

 

3.防鹿柵の設置(加藤)

 池の南岸で行っている林床植生のモニタリング調査に関連して、枝払い区との比較のため、76日(日)に対照区の2か所に防鹿柵を設置しました。8人で2時間半の作業でした。天気の悪いなか、参加いただいたみなさまありがとうございました。今秋にすべての区画で植生調査を行い、枝払いの効果とシカ食害の影響を評価する予定です。

 

4.ヒノキ林における樹木調査および伐採(宮本)

 現在西山のヒノキ林は歩道に沿って幅50 m以上にわたって広がっており、高さ20 mをこえる木もあります。ヒノキ林前の汀は薄暗く、水生植物がほとんど生えていません。一方、昨年度から他の地点で実施している枝払いの初期効果が今秋に明らかになります(3.防鹿柵の設置参照)。したがってその結果を見て、次にヒノキ林の整備にとりかかるべきかどうかを考えてはどうかという意見が出ました。また、以前の打ち合わせ会で報告したように、高田研一さんに残す木の選定をお願いして、それらを残しながら管理していく方針とすることが確認されました。今秋以降、長期的なスパンでの管理をめざした計画を練る必要がありそうです。ヒノキ林を含めた集水域全体の森林管理を進めるにあたり、現在水生生物研究会におられる森林生態学の専門家に加えて、新たに林学の専門家にも話し合いに加わっていただく必要があるとの意見が出ました。そして、923日に,京都府立大学で開催される日本生態学会主催の自然再生講習会「京の里山再生理論と技術」(添付資料1参照)での連携のきっかけを得ようということになりました。また23日に先駆けて、前日22日の宝が池・深泥池周辺の里山エクスカーションでは、西山一帯を歩いて回ります。森林の現状を知る機会ですので興味のある方はご参加いただければ幸いです(添付資料1参照)。

 

 

5.今後の予定

727日(日)  外来魚駆除作業前期最終(エリ網の括りつけ、もんどり洗い) 9:0012:00

810日(日)  夏休み恒例底生動物調査〜親子生きもの探偵団イン深泥池〜 13:0017:00

           (雨天決行)

  *今年は京都市のイベントとして実施し、参加申し込みが必要です(指導してくださる方については申し込みの必要はありません)。詳しくは添付資料2をご確認ください。

817日(日)  トンボ観察会 10:0012:00

96日(土)   第162回打ち合わせ会 14:0017:00 深泥池会館

9月中旬     外来魚駆除作業再開

922日(月)  日本生態学会 第7回自然再生講習会

          宝が池・深泥池周辺の里山エクスカーション 13:0017:00  

          12:45 宝が池子供の楽園管理棟ミーティングルーム集合

923日(火・祝)日本生態学会 第7回自然再生講習会

           講座 13:0017:00 京都府立大学 大学会館2階 多目的ホール

  *第7回自然再生講習会についても事前参加申し込みが必要です。詳しくは添付資料1をご確認ください。

 

 

 

ホーム | 新しいところ | 会について | 深泥池について | おしらせ | リンク集 | 全体図