ホーム お知らせ

20156月の深泥池水生生物研究会からのお知らせ

171回打ち合わせ会報告

連絡係 辻本 典顯

 

次回の打ち合わせ会予定

次回の第172回打ち合わせ会を2015711日(土)14:00から深泥池会館で行う予定です。

通常と曜日が異なりますのでご注意ください。

 

【第171回打ち合わせ会報告】

開催日時:66日(土)14:0017:00

出席者:竹門康弘、田末利治、小林直正、成田研一、木村満、宮本水文、北尾晃一(順不同・敬称略)(7名)

記録:北尾晃一さん

 

1.「宝ヶ池の森」保全再生協議会(北尾)

 宝ヶ池の森の保全・再生・利活用のために市民団体、地元自治体、法人、研究室が協働する場として、「宝ヶ池の森」保全再生協議会が発足しようとしています。情報交換や協働活動だけでなく、協議会で様々な組織の意見を集約することで、行政に対してより効果的な働きかけが可能になると期待されています。深泥池水生生物研究会もこの協議会への参加を要請されており、今回の打ち合わせ会で協議した結果、会員として参加することが決まりました。

 今回の話し合いでは、協議会の事業対象地域として深泥池集水域なども含めて位置づける必要があるという意見があり、それらを含めた事業エリアを協議会の規約に明記する提案をすることにしました。また,シカ個体群抑制に関しては宝ヶ池と連携することで効果が期待できるとの意見もありました。さらに、事業区域の土地利用や水利用に関する歴史的経緯を精査することが事業の目標設定に不可欠であり、そのために積極的に情報交換をしていく必要性についても主張されました。そのような方針に立ち、行政が持っている昔の西山・高山の土地利用に関する昔の登記簿などの情報を得ることも必要との意見も出ました。

 

2.深泥池講演会(木村)

 先月北区に申請したまちづくり提案支援事業の一環として深泥池講演会を実施することになりました。深泥池のジュンサイをはじめとする自然物利用の歴史についての啓蒙・啓発を目的として、830日(日)に日程を設定し、来月までに講師依頼や広報などの検討をすることになりました。

 

3.夏休み底生動物モニタリング調査(竹門)

 毎年恒例の夏休み底生動物モニタリング調査は、今年は89日(日)に開催が決まりました。13時に南岸小屋前に集合し、例年通りに底生動物の採集を行ないます。ただし、今年は名前調べをする会場として宗教法人神菩薩道心(長久堂の南隣の葦牙塾道場の西隣にあります)をお借りすることになりました。

 

4.今後の予定

711日(土)14:00~17:00  第172回打ち合わせ会 深泥池会館

 

 

 

 

ホーム | 新しいところ | 会について | 深泥池について | おしらせ | リンク集 | 全体図