ホーム お知らせ

20179月の深泥池水生生物研究会からのお知らせ

195回打ち合わせ会報告

開催日時:910日(日)14001700

参加者:竹門康弘、加藤義和、木村満、田末利治、成田研一、宮本水文、宮本秋津、岡田英三郎、塚本悠太、北尾晃一(計9名、順不同、敬称略) 

記録:北尾晃一


深泥へのボタンウキクサなどの投棄について(加藤)

 718日に学生アパート前にボタンウキクサが数十株投棄されているのを加藤さんが発見しました。ボタンウキクサは直ちに加藤さんが回収し、さらにその後1週間のうちに取り残しと思われるごく小さな株が数個、回収されました。また、ボタンウキクサに混じってホテイアオイ数株や熱帯性の水草(熱帯魚の水槽等で使われるもの?)も投棄されており、同様に回収、処分しました(この件は,当日京都市文化財保護課に報告し、保護課から警察にも通報していただきました)。
 このような外来生物の移入は深泥の生態系を破壊しかねない非常に悪質な行為であり,現状の看板掲示に加えてより強力な対策が必要であるとの意見がでました(特に、ボタンウキクサとホテイアオイは強い繁殖力を持ち、特定外来生物、要注意外来生物にそれぞれ指定されています)。
 また、最近、の水をポリタンクに汲んで持ち去る不審な車(616日)や深泥南岸への園芸用土の投棄(93日)などが目撃されているとの報告もありました(これを受けて竹門世話人が京都市文化財保護課の長谷川さんに電話をして,現状報告と対策の必要性を訴えました)。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 会員ならびに地域の方々へのお願い:ボタンウキクサに限らず、他所から持ってきた生物、土、水などを天然記念物である深泥に投棄することは文化財保護法違反です。そのような現場を目撃したら、直接注意するか、京都市文化財保護課あるいは警察に通報してください(管轄は北警察署)。また、ボタンウキクサやホテイアオイに限らず、で見慣れない動植物を見つけた場合には研究会までお知らせください(mizorogake1997@gmail.com)。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

深泥のカワヂシャとミズユキノシタの発見(塚本)

京都大学の学生の塚本さんが深泥でカワヂシャ(京都府および環境省レッドデータブックでは準絶滅危惧種)と、深泥では絶滅したとされていたミズユキノシタを発見しました。カワヂシャは深泥南岸の開けた場所で生育しており5月に開花していることを確認したそうです。カワヂシャは深泥では記録がありませんが、近年、鴨川、桂川などでオオカワヂシャとともにカワヂシャも増加傾向にあるという報告もあり、周辺から深泥へ侵入した可能性が指摘されました。
 いっぽう、ミズユキノシタは南東部の流入域で生育しており9月に開花が確認されました。このミズユキノシタは、在来の個体が埋土種子から発芽した可能性とともに、宝ヶの菖蒲園では生育している群落の種子をシカが運び込んだ可能性が考えられるとの意見が出ました。ミズユキノシタは水辺に生育しますが、今回見つかった場所では岸から離れたやや乾燥した環境に生育しており、水辺では外来種のアメリカミズユキノシタが優占しているため、両種の競合が心配されます。ただ、保全のために移植するとしても定着するとは限らないため、その生態について今後調査していく必要があるとの結論になりました。

・リョウブ林におけるシカの食害調査(宮本水文)

西山の深泥の岸辺にあるリョウブ林ではシカの食害が進行しています。そこで宮本水文さん、宮本秋津さんによりリョウブの生育状況が調査されました。その結果、5m×10m区画内にあるリョウブの若木30本のほとんどがシカによって皮を剥ぎ取られており、今後数年で区画内のリョウブが全滅危惧されるほど樹勢が衰えていることがわかりました。
 それに関連して、深泥の岸辺の木材管理についても議論されました。木村満さんからは,木材管理の重要性はわかるが,地域の具体的な行動計画については地域の方とのすぐに立案できる状況にはではないとのご意見でした。今後,誰が主体的に計画をつくって実行していくか、計画をつくるにしても,試験的な木材管理をしてみないことには,地域が協力していけるかどうかの判断も難しいなどの意見もあり、今後も議論を続けることになりました。

今後の予定

910日(日)−外来魚駆除作業実施中(毎週木・日曜:9~11時半ごろ)

107日(土) 第196回打ち合わせ会

 

 

ホーム | 新しいところ | 会について | 深泥池について | おしらせ | リンク集 | 全体図