ホームホーム お知らせ

12月の深泥池水生生物研究会からのお知らせ

連絡係 安部倉完

出席者 12月15日

西村 好平、宮本 水文、成田 研一、池澤 篤子、田末 利冶、 伊藤 昭雄、石黒 真理、井上 庄助、竹門 康弘、高井 利憲、 安部倉 完
11名(敬称略)

先月は申し訳ありません。連絡案の原稿を書くのが遅れてし まい、郵便での発送が間にあいませんでした。

高井利憲 (郵送係)注: 実際は、郵送が遅れただけです。どうもすみませんでした。

1. 本年度のエリ網による駆除の最終報告

2000、2001年のえり網による各魚種の捕獲数を下に上げます。 (メールで以下の表をお読みの方は、なるべく、ウィンドー の横幅を広げてお読みください。)

2000年2001年2000年(稚魚) 2001年(稚魚)
ブルーギル237199131085084
ブラックバス110567285
カムルチ84313090
ゲンゴロウブナ41156716922
ニシキゴイ5400
ノゴイ0400
モツゴ12127151
ヨシノボリ18111200
カダヤシ1000
総数(匹)561397149476442

捕高の変化から、魚の個体数の変化を推定すると、バス、カム ルチ、ヨシノボリの個体数は大きく減っているようです。逆に 勢力を伸ばしたのは、ゲンゴロウブナです。バスは、エリ網に よる1歳魚以上の捕獲は0匹でした。在来魚に関しては、ヨシノ ボリが極端に減少しているのが気になります。はたして何によ る影響なのか、その原因を至急解明する必要があります。

また、稚魚の取れ高の変化から、来年のブルーギルの新規加 入数を推定しました。それによると、来年のブルーギルの新規 加入数は1634匹となりました。この推定が正しければ、今年の 駆除は成功したということになりますが、実際のところどうな るか、引き続き調査をする必要があります。

2. 府立商業高校の深泥池魚類調査

府立商業高校の皆さんが、深泥池で取れた魚の体長、体重の測 定を11月、12月と計6回、行ってくださいました。今年は 、数が特に多く大変なようです。そのため、いままで図ってい た、体高、全長の測定をやめ、被鱗体長、体重のみの測定にし ました。また、稚魚に関しても、一日で千匹以上取れている日 もあり、全ての計測は不可能です。その場合は、個体数のみの 測定としました。年明けからまた、再開なさるそうです。

3. 来年の事業について

護岸のための留めのくい打ち
現在設けられている杭や丸太の土留は、昭和時代に作られた物 で、最近では補修もされず放置されているため、丸太が腐り岸 辺が崩壊する寸前となっています。このため、周囲からの池へ の土砂の流入するのを防ぐ必要があります。
エリ網による駆除
投網、モンドリによる胃内用サンプルの捕獲
モンドリによるブルーギルの駆除
去年と同じく、モンドリによってブルーギルの駆除を行います。 今年は、ブルーギルの産卵が終わった後に、本格的な除去を 行ったため、多くの稚魚の加入がありました。来年は、産卵期 が始まる前にモンドリによる集中的な駆除に望みたいと思います。
アメリカミズユキノシタの分布調査
駆除に向けての調査を引き続き行う予定です。
マコモの駆除
現在、マコモ、アメリカミズユキノシタの分布域は、水域では ジュンサイ、ヒメコウホウネ、浮島上ではアゼスゲ、クロホシ クサ、トキソウなどの在来種の生育を脅かしています。また、 マコモの群落が出来ていることで、北、南水域との水循環が悪 くなり、水域の悪化も心配されます。マコモ駆除に関する対策 も打つ必要があります。
水質の調査
釣り人の数の調査

これ以外にも、いろいろな調査項目があると思います。様々な 人が案を上げ、それらの人が主体的にそれらの調査を行い情報 の収集をしていく事も可能です。ぜひとも声を掛け合って、来 年の深泥池の保全活動に参加してください。

4. 次回の打ち合わせ会

次回は 2002年1月6日 日曜 深泥池会館にて行います。

本年度は大変お疲れ様でした。そろそろ大晦日ですね。風邪 を引かないようお気をつけて、良いお年をお迎えください。