【深泥池水生生物研究会第218回打ち合わせ会報告】

 

開催日時:1222日(土)14:0017:00

参加者:竹門康弘、成田研一、木村満、宮本水文、岩永克宏、杉本哲、北尾晃一、上西実、田末利治、塩田貞子、塩田和波、櫻川智章、WANG JUE(計13名:順不同)

 

〇増えすぎたシカの対策事業について(竹門)

先月の協議の結果,1)京都市による個体数抑制対策はすでに実施されているので、その効果について現状のモニタリング調査を行うことが重要であること,2)その結果,対策効果が不十分と判断された場合には深泥池周辺でも駆除活動を実施できる可能性はあることが確認されました。そのためには,今年度の現状変更申請に計上された浮島の植生調査が有効であるが,結局今年度は未調査なので,来年度に松井先生や辻野先生が調査できるように水生生物研究会でもお手伝いしてはどうかとの意見が出ました。

一方,今回の議論では,上記の方針を踏まえた上でも,住民や池を訪問する人の目に触れやすい南岸や西岸の食害を減らすことは必要ではないかとの意見がありました。そのために,学生マンション付近に人に聞こえない音や光などで威嚇するものを設置する対策や犬の散歩を推奨する対策などが提案されました。

 

〇オオバナノイトタヌキモ除去作業について(木村、岩永、竹門)

深泥池では外来の水生植物オオバナノイトタヌキモが広く水面を覆っており様々な問題を引き起こしています。前回の打ち合わせ会で,一般ゴミ収集車で回収処分するには予算制約の問題や水分が多すぎて焼却炉を傷めるという問題が指摘されましたが、文化財保護課に確認したところ,十分に乾燥させた上で回収することができれば,予算的な制約はないということが分かりました。乾燥させる手段としては回収したオオバナノイトタヌキモの下に簀の子を敷くとよいという意見が出ました。その際の、簀の子の調達や管理については京都市に相談するなどして決めることになりました。現在繁茂しているアメリカミズユキノシタについても深泥池の保全上同様に回収する方針が良いことは明らかであるが,人員や予算の確保が問題との指摘もありました。これらの課題解決のためには、やはり地元に事業費を受託できる包人格の団体が必要であるとの意見がありました。そうした組織さえしっかりしていれば,ボランティアやアルバイトの人員はインターネットで公募すれば効率よく人を集められるだろうとの意見も出ました。

 

〇投網講習会について(杉本、竹門)

前回の打ち合わせ会では1221日(土)の13:00から実施する予定でしたが、講師の確保の問題などから111()13:00から実施されることになりました(打ち合わせ会の席では1/13()とお知らせしましたが、竹門先生の間違えで実際は11()です)。竹門先生が保津川漁協の磯部組合長に講師の依頼した上で格安で投網を購入しました。希望者には練習用の網を購入できます。また,外来魚駆除作業で投網を使える人を増やすだけでなく、より多くの人に普段の活動に興味を持ってもらうためにも、京の川の恵みを活かす会の活動に位置付けて広く参加者を募ることになりました。

 

○北陸新幹線のトンネル計画について(木村)

北陸新幹線が京都府内を通過する際に京都市街を南北に縦断する計画に対して、地下水環境への影響と対応について議論しました。地下にトンネルが深泥池周辺を通過する場合には,深泥池の水環境の変化が懸念されます。また,別ルートを通った場合にも,豆腐・和菓子・酒造をはじめとする周辺地域の伝統産業や井戸水利用への悪影響についても懸念されます。1/8を〆切として意見書の提出ができますが、〆切や字数が短すぎるという意見も出ました。当団体としては、上記の問題に関し、木村さんを中心として書類を作成し提出することになりました。

 

○外来魚駆除以外の活動資金について(岩永、竹門)

深泥池水生生物研究会では,外来魚駆除活動の参加につき一回あたり数百円のお弁当代が支給されています。また,これまでマコモやヨシの刈り取りなどの環境保全活動に対しても同様の支給をしてきました。今年度に実施された、池周辺の枯れ木伐採やオオバナイトタヌキモの除去活動に対してもお弁当代の対象とすることで合意しました。また、チェーンソーなど保全活動に必要なものを購入する場合には、打ち合わせ会の席で提案し参加者の合意の上で研究会予算から支給することになりました。

 

〇今後の予定

1/11() 13:00-14:30 投網講習会

(打ち合わせ会の席では1/13()とお知らせしましたが、竹門先生の間違えで実際は11()です)

※参加希望者は当日13:00に深泥池南西の小屋前に集合してください。予約は不要です。汚れてもよい動きやすい服装でお越しください。一番外にセーターや大きなボタンのついた服を着ると投網が引っかかるかも知れないのでお勧めしません。冬用ジャージなど表面がつるつるして防寒性もある服がおすすめです)

1/11() 15:00-219回打ち合わせ会