ホーム お知らせ

2007年度夏休み底生動物調査のお知らせ

2007年7月28日

深泥池水生生物研究会では、毎年夏休みに、深泥池の底生動物調査を行ってい ます。深泥池は国の天然記念物で動植物を採集することは禁じられています が、本会では深泥池の水生動物の現状を調べるために毎年許可申請をしていま す。調査目的は、オオクチバスとブルーギルの駆除効果を知るためのモニタリ ングです。池の岸からすくい網などで水生昆虫、エビやザリガニ、稚魚などを 採集する方法ですので、子供からお年寄りまで誰でもできる調査です。毎年同 じやり方で実施しており今年で10年目を迎えます。これまでの調査結果から、 池の生物相の変化を追うことができます。 昨年度までの調査風景や調査結果 は、底生動物調査のページから見ることができますのでご参照ください。

(昨年度の様子)

持ち物:半ズボンとぬれてもよい靴かサンダル,金魚すくいの網,ピンセッ ト,ノートと筆記具,雨のときはレインコート,タオル、 飲み物(とくに晴 れている日や暑い日は必需品です)、その他カメラなど。

深泥池会館への道順:市営地下鉄北山駅下車,北へ徒歩10分, 深泥池前の 5叉路のうち深泥池側バス道から左1本目の細道を 200m北上左側.市バス は4番乗車,深泥池バス停下車. 車を置く場所がないので,電車と地下鉄を ご利用ください.

ホーム | 新しいところ | 会について | 深泥池について | おしらせ | リンク集 | 全体図