ドブガイは絶滅?

近藤 高貴


深泥池にはかってドブガイが多数生息していましたが,最近は全く見かけません。 ドブガイの幼生は魚に寄生して変態します。1個体の雌が数万の幼生を放出しますの で,この幼生が魚に寄生しているかどうかを調べる方が,親貝を探すより簡単にドブ ガイがまだ生息しているかどうかを確認できます。そこで,森川陽平さんと土居秀幸 さん(大阪府大・総合科学部・3回生)にお願いして,1998年7月15日にヨシノボリを 採集していただきました。その結果は残念ながら,ドブガイ幼生の寄生は全く見られ ませんでした。この時期の他の場所での調査では,ドブガイ幼生はヨシノボリに高率 で寄生しています(表1)。59個体という数を調べても寄生が見られないことから, ドブガイは絶滅している可能性が高いと考えざるを得ません。ただ,今回の採集は深 泥池全体で行ったものではなく,限定された範囲で行ったものですので,池のどこか 片隅でドブガイが生き残っている可能性はまだ残っています。

  表1.  ドブガイ幼生のヨシノボリに対する寄生状況
調査場所   採  集  日    調査数   体長(mm)     寄生率
深泥池    1998年7月15日    59    16.1〜26.8       0%
琵琶湖    1997年8月 1日     7    18.4〜21.6    42.9%
桃ヶ池    1985年7月21日    21    16.8〜26.6    85.7%
桃ヶ池    1986年7月17日    26    17.8〜28.9    88.5%


ホームページに戻る。