ホーム 深泥池について

オオクチバス

large-mouth bass1 撮影日: 1999.5.30. 撮影者: 西村弘子

北米原産の外来魚。 ルアーフィシィングの対象魚として、 何者かによって放流され続け、 各地の河川湖沼などで生態系を 破壊して問題になっている。日本への移入は1925年。

large-mouth bass2 撮影者: 西村弘子

本研究会は本種が深泥池の生態系に重大な影響を与えているのではないか という危機感から発足した。しかしその数は少なく今回の調査による 1歳以上の推定個体数は30〜40となった ( 中間報告1参照)。

large-mouth bass3 撮影者: 西村弘子

large-mouth bass3産卵床を守るオオクチバス

撮影日:2008年4月12日

2004年度深泥池外来魚駆除事業結果(PDFファイル)によると、2000年のオオクチバスの推定個体数は、約33匹である。

関連情報

ブルーギル / 2006年度深泥池外来魚除去事業結果(PDFファイル)

リンク集

参考文献

ホーム | 新しいところ | 会について | 深泥池について | おしらせ | リンク集 | 全体図