ホーム 深泥池について

ナマズ

A Picture of Silurus asotusナマズ
撮影: 西村弘子

地震予知能力があると思われていたナマズ。 しかし その研究をやめてしまったというニュースをもう随分昔聞きました。 安政の大地震(1855)の直後には「鯰絵」なるものが流行ったそうですが、 それだけ人々に親しみのあった魚ということでしょう。

1999年5月30日、この研究会のえり網で巨大なナマズがかかりました。 苦労して田末さんがもってきたのが上の写真のナマズ。体長74cmありました。 あまりの大きさから私も普通のナマズとは思えず、誰かがビワコオオナマズ を放したのではないかと思いましたが、足羽さんがおもむろに ひっくり返して、「うしろから目がみえないので普通のナマズ」 というようなことを言ってました。 これは日本における最大サイズでは ないでしょうか。[1]には、黄河や揚子江などには1mを超えるものもいると 書いてありますが、 同種でしょうか。

今回の調査では昨年一匹捕獲されて、今年もこの一匹だけです。 こんなに少ないのでは深泥池における絶滅危惧種だと思います。

あと、[2]ではナマズがブルーギルを捕食していたという事実が 報告されています。ナマズは夜行性なので、昼活動するブルーギル は捕食されやすいそうです。

関連情報

リンク集

参考文献

ホーム | 新しいところ | 会について | 深泥池について | おしらせ | リンク集 | 全体図